月と柳 -宝石箱-
縁側でほっと一息

カウンター



プロフィール

風月

Author:風月
横浜市在住 2児の母
職業 編集・ライター

半生を生きたところで、フト立ち止まった。かなりヘビーな人生を歩いてきたかも。
もともと自分でいろいろ背負い込んで頑張ってしまうクセも災いしたのか、ついに心も体も悲鳴をあげた。

けれど、これまたうまくその毒を吐き出したり人に頼ることがどうも苦手。
それならば…周りにある「小さな幸せ♪」を探していく方が、性にあっている。

そう思って見渡すと…あるある、たくさん!
残る半生のために、ささやかな宝石を拾い集めていこうと思う。



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思春期ちゃんの母情報館

子育てのノウハウ本というものがどうも苦手で、
「みんな違うんだから、親はこうあるべきという正解なんてないはず」
と思ってしまうヒネクレ者の風月なのだが、
やはり煮詰まっているのか、つい本屋さんで手にとってしまった

「思春期の子が待っている親のひと言
 ~心が見えてくる魔法のコミュニケーション~」

大塚 隆司

思春期

最初に言っておくと、どんな子にも効果のある「魔法の言葉」
なんてものは書いていない(笑)。
ただ、その子にあった、その子に響く言葉の
「探し方のヒント」が書いてある。
だから素直に読めた。

執筆は塾の講師。
何千人もの思春期の子どもたちと関わってきた経験から、
「こんな時にはこんな方法を試してみるとおもしろい」
というヒントを紹介している。
要するに「柔軟に、いろいろ試してごらん。
押してだめなら引いてみろ」ってことだな。

摩訶不思議な思春期ちゃんを相手にしていると
親の方も気がつくとひとつの考えに固執してしまっているけど、
ちょっと発想を変えてみる、ちょっと見方を変えてみるだけで
親も子も断然いい方向に向かうことがある。

親子に限らず、すべての人間関係に言えることだね~。

気軽に読めて、でも手元には置いておきたい、
行き詰った時のおすすめ本です

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。