月と柳 -宝石箱-
縁側でほっと一息

カウンター



プロフィール

風月

Author:風月
横浜市在住 2児の母
職業 編集・ライター

半生を生きたところで、フト立ち止まった。かなりヘビーな人生を歩いてきたかも。
もともと自分でいろいろ背負い込んで頑張ってしまうクセも災いしたのか、ついに心も体も悲鳴をあげた。

けれど、これまたうまくその毒を吐き出したり人に頼ることがどうも苦手。
それならば…周りにある「小さな幸せ♪」を探していく方が、性にあっている。

そう思って見渡すと…あるある、たくさん!
残る半生のために、ささやかな宝石を拾い集めていこうと思う。



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豆蔵のレシピ7(ジンジャーと言えばオシャレなショウガ)

先日仕事で「おうちカフェ」というイベントのスタッフをやった。
モデルハウスを借りて、料理やお菓子の教室やお店を持っている女性たちが
2日間カフェを開催するというものだ。
テーマは「ベジタブル」。
各カフェでは色々な野菜を使ったヘルシーな料理やスィーツが紹介されていた。

豆蔵はこうなると食べる専門なのだが、
「ショウガ」となると話は別。

体を温める血行促進以外にも様々な疾病予防効果があって、
欧米ではハーブとして、中国やインドでは古くから伝わる伝統医学の中に
必ずといっていいほど利用されている「ショウガ」。

シイタケと並んで豆蔵が愛する食材のひとつなのである

そんなわけで、そのイベントでゲットしてきた
カンタン&保存できるショウガレシピを3つ!
材料、作り方はそのまんまのせまふ。

ジンジャージャム
しょうがジャム
ショウガ 100g
はちみつ 40g
グラニュー糖 40g

1 ショウガは5mm位の薄切りにし、たっぷりの湯で2回ゆでこぼす。
2 1をたっぷりの水に約10分さらす。
3 鍋にすべての材料とひたひたの水を入れ、20~30分、琥珀色になるまで弱火で煮る。
4 3をハンドミキサーにかける。

豆蔵はグラニュー糖の変わりにオリゴ糖を使ったべ。
朝バナナヨーグルトに入れて食べるのがおすすめ


ジンジャーシロップ

ショウガ 300g
グラニュー糖 400g
水 200g
レモンジュース 150g

1 しょうがはキレイに洗って、皮ごとフードプロセッサーに
  水とともに入れ、粉砕する。
2 鍋に1とグラニュー糖を入れ、アクを取りながら30分煮る。
3 レモンジュースを入れ、1分加熱したら、厚手のキッチンペーパーでこす。

シロップ1に対して3~4杯の炭酸水で割るとジンジャーエールに


ショウガとおかかの佃煮

ショウガ 300g
けずり節 適量
水 3/4カップ
酒 1/4カップ
みりん 大4
しょうゆ 大4

1 しょうがはきれいに洗い、繊維にそって細切りにし、
  水にさらしてアクを抜く。
2 水気をよくふき取って鍋に入れ、煮汁を加えて中火にかけ、
  混ぜながら水分を飛ばし、最後にけずり節を入れ混ぜる。

保存がきくのでたくさん作ってお弁当、お酒のおつまみに

しょうが佃煮
豆蔵はカツオのナマリ節と愛するシイタケも加えたヨ。

スポンサーサイト

豆蔵レシピ6(帰ってきた豆キュラ)

怒涛の4~5月が過ぎ、またもや放置状態だったわがブログ。
あーよかった。まだあったわ

豆蔵とともに戻ってきたのが愛鍋「豆キュラ」

というのも、豆キュラは先週リペアの旅に出ていたのである。

最初に豆蔵の使い方が荒かったのか、
鍋底がほんの少し欠けてしまったのがずーっと気になっていたのだが、
あまりに使い勝手がよくて、そのまま毎日使い続けること4ヶ月。
友人から「ホーロー部は少しでも欠けると、サビが広がるよ」
と脅され、慌てて製造元の愛知ドビーさんにご相談!
快くリペアを受けてくださり、遠い名古屋まで旅立った豆キュラ。
しばらく会えないのかなあ~と思っていたら、
なんと5日間ですっかり新品同様になって帰ってきたのであった。
お鍋

うわーい、ありがとうございました

こうして一層大切な豆蔵のパートナーとなった豆キュラ。

昨日はさっそくミネストローネを作った。
ミネストローネ
ミネストローネ

トマト、ベーコン、玉ネギ、ナス、ニンジンなどを小さな角切りにして、
みじん切りにしたニンニクとともにお鍋に投入。
無水のまま、トロ火で30分。
ここでヒタヒタの水を加え、塩、こしょうで味を調え、さらにトロ火で20分。
もちろんトマトスープ缶やコンソメ、バジル系スパイスなどを
お好みで加えてもGOODだが、
野菜のうまみがギュッと凝縮されているので、
十分天然のコンソメが出ているのだ!

そうそう、この味

写真を撮り忘れたのだが、
リペア前に作った「スンドゥブチゲ」も
むっちゃおいしかった!
これはなんと、友人からもらったレシピがちゃんとあるのだ

スンドゥブチゲ
材料は2人分くらい
・牛肉 60g
・あさり 120g
・生しいたけ(薄切り) 2枚
・にんにく(すりおろし) 1片
・あみの塩辛(明太子・桜エビでも可) 大1/2
・酒 1/4カップ
・粉とうがらし 大さじ1/2
・しょう油 小1
・おぼろ豆腐 1調
・水 350cc
・塩 こしょう 少々

ぜーんぶお鍋に入れて、バーミキュラのような鉄鋳鍋だと
トロ火で20分くらいでできあがり。

最後に細葱を乗せて、召し上がれ!
あさりの出汁がウマイ

ちなみに粉とうがらし大さじ1/2って、かなり辛いかも。
豆蔵はキムチを使ったよ。


バーミキュラHP



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。