月と柳 -宝石箱-
縁側でほっと一息

カウンター



プロフィール

風月

Author:風月
横浜市在住 2児の母
職業 編集・ライター

半生を生きたところで、フト立ち止まった。かなりヘビーな人生を歩いてきたかも。
もともと自分でいろいろ背負い込んで頑張ってしまうクセも災いしたのか、ついに心も体も悲鳴をあげた。

けれど、これまたうまくその毒を吐き出したり人に頼ることがどうも苦手。
それならば…周りにある「小さな幸せ♪」を探していく方が、性にあっている。

そう思って見渡すと…あるある、たくさん!
残る半生のために、ささやかな宝石を拾い集めていこうと思う。



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学校の先生

友人のブログで先生のことについて触れていたので、
私もちょっと考えてしまった。

新学期が始まり、毎年のことながら、
担任の先生が「当たった~笑い。」とか「ハズれた~kao06」とかいう声を聞く。

私も、子どもの前では先生の悪口を言わないようにしていた。
生活を楽しく送るためには、何事も悪くとるよりは
いい風にとった方が、いいに決まっている。
それは、人間関係の基本でもある。

でもなあ…人間だからこそ「合う」「合わない」はあるんだよね。
好きな先生だって嫌いな先生だって、いてあたり前なんだよね。

自分が学生の頃も、先生に勝手にあだ名をつけて、好き放題言っていた。
(先輩から代々受け継がれていたあだ名はやはり絶妙だった。
 ずんぐりむっくりの「ムンパ」(ムーミンパパ)と、
 パーマ頭で鼻髭をはやしていた「サリンパ」(サリーちゃんパパ)
 のペアは、今でも最高傑作のひとつだと思っている。)
好きな先生も、嫌いな先生も、それぞれのキャラクターを楽しんでいた。
まあもちろんシャレにならない先生もいて、全面対決炎したこともあったけど、
「合わない」程度の先生だったら、何年かの我慢で済むことだし、
あんまり深入りしなければ、面白がって終わりにすることができる。

小学校のうちはそんなやり過ごし方をできないものだから、
先生から受ける影響はものすごく大きい。
でも、先生に限らず、この先どこへ行っても、
合う人はいるし、合わない人もいる。
1~2年で変わる担任の先生との「付き合い方」は、
子どもにとっても大切な勉強なんだよなあ。

…なんて思った時から、私は子どもの担任の先生にもあだ名をつけて
面白がるようになってしまった。
無表情でマニュアル通りの授業しかしない先生は「鉄仮面」。
前髪が長くてカッコつけてる先生は「鬼太郎」。

話が逸れたが、そんなこんなで、まあ明らかな悪意でなければ、
子どもも先生の「愚痴」くらい言ったっていいのではないか
と思う、今日このごろである。

ちなみに、私がダースベーダーに変身している時は、先生に
「テメエ!うちのムスメに何してくれるんじゃ!出直してこい!怒!
と叫んでいる時もある。今のところ心の中でだけですんでいるケド。
先生も大変だなあ…汗あせ

スポンサーサイト

兄へ

とてもよく晴れたすがすがしい春の昼下がり太陽に、なんだが…
兄に関しては、11年の時を経て、ようやく少しだけ
そんな気分になった。

人は亡くなると、お墓にでも、千の風にでもなく、
親しかった人の「心」に住む。
(「キャンディ・キャンディ」でアンソニーが死んだ時に、
 そんなようなセリフがあったなあ。
 「わかる!」と思ったアナタ、ふふっ、同世代っすね。)

なので今、兄は私の心の中に住んでいる。

私がお墓参りをしないのも、それが理由。
(決して無精だからではない。それもあるけどjumee☆faceA105。)

兄貴。
きっと私に言いたいことはたくさんあるんだろうけれど、
まあそのうち会えるから、そん時に聞くわ。
それまで、しっかりと見守っていてね。
あ、見守るだけじゃなくて、ヤバイ時はちゃんと助けてね。

…などと、都合のいいことを考えているのだが、
本当に感じることがあるよ。
守られているんだなあ…って。

親よりも私のことを心配していた人だから、
いまだにハラハラしてるんだろうね。

私は守ってあげれなくて、ごめんね。
でも、自分を責めるのは無意味だと、やっとわかった。
もうやめるよ。

だいじょーぶ、私は大好きな家族と友人に囲まれて、
ちゃんと前を向いて生きているから、安心して。

まだまだ波はあるから、悲しくなることもあるけど、
その波もだんだん小さくなってきているし。

やっと言えるよ。

ありがとうね。





ダースベーダーになる時

orz煮詰まった…。

人はあまりに忙しいと、精神的にも追い込まれる。

もともとビンボー症で、じっとしていられないのも災いしているが、
やはり人は背負える量…というか、キャパが決まっているのだ。

仕事の繁忙期が過ぎる頃が一番ヤバい。
休める時間が少しでもあればゆっくり休みたいのに、
体は横になっても、頭がフル回転していて、飽和状態になる。

ギリギリの状態だと、人に対しても余裕がなくなる。
普段許せることが、許せなくなる。

普段は人まかせにしているくせに、文句だけは一人前に言われると、
頭にくる怒

やっと気持ちを切り替えて、怒りを静めたところに、
また同じ話を蒸し返されると、キレそうになる怒る。

頑張った自分へのささやかなご褒美…ほんとに笑っちゃうほどささやかな
贅沢が子どもに見つかり、「ママだけずる~い」といわれると、
張り倒したくなるうわーん
あ…だんだん低レベルになってきたな。

あげくの果てに、

余裕がある時はこのブログのテーマに基づき
「大変なのは自分だけじゃない」とか
「感謝の気持ちを忘れないように」とか思うのだけど…

年に何回か訪れるこの繁忙期には、心はすっかりささくれ立ち、
へっ、なーにが「日々の小さな幸せを見つけよう」だ!
キレイごと言ってんじゃねーよ。
優等生ぶってんじゃねーよ。

と、自分のセリフに向かってツバをはきかけたりする。

…でもま、人間なんだからそんな時もあるんだよね。
というか、認めちゃうけど、そんな私も、私の一部なわけorz

あー、少しすっきりしたぞ。
もうちょっと落ち着いたら、みんなに遊んでもらおーっと。

…と思ったら、あれ、みんな引いちゃったかなjumee☆faceA76


特別な1年間

長女は今年6年生、次女は1年生。
2人が同じ学校に通うのは、一生のうちで、
今年の1年間だけなのである。
そういった意味で、今年は特別な1年間になる。


昨日、6年生は1年生を迎える準備のために登校し、
新クラスに机を搬入したり、入学式の会場を設営したり、
大忙しだったアイコン名を入力してください汗とか

長女の友達の中にも、同じように弟や妹たちが
1年生として入ってくる子が何人かいる。

みんな、自分の弟や妹がどのクラスになるのか気になるらしく絵文字名を入力してください
準備をしながらも、新一年生の机の名前を確認して回っていたらしい。
その結果、先生が「まだ何組になるかは言ってはダメ」と言うのもムナシク、
昨日のうちにほとんどの子が、何組になるか周知の事実となった。

長女のリサーチの結果、次女は3組だったらしい。
同じクラスになると縦割りで交流があるので、
長女は「6年3組になりますように!jumee☆faceA80
と大騒ぎしている。

ドキドキ緊張しながら、お姉ちゃんたちのいる小学校に入る1年生。
ソワソワ心配しながら、チビたちを迎える6年生。

こんな微笑ましい光景はめったに見られるものではない。
しっかり目に焼き付けておこう。

一緒


ランドセル

次女の入学式もいよいよ来週の月曜日zhu

ランドセルは、お姉ちゃんのお下がりを使うことになっている。
(お姉ちゃんはまだ6年生なのだけど、
残りの1年間はエナメルバッグで登校することになる。)

女の子だけあってずいぶんキレイに使ってはいるものの、
金具がひとつ取れていたり、
中に黒いシミがついていたり、
それなりに「お古」感はバッチリ。

まずは金具の修理。
ところが5年前に買ったランドセルのお店に、どうしても連絡が取れない。
この不況下、もしや潰れたのか絵文字名を入力してください
慌ててランドセルを扱っている百貨店などに問い合わせてみたが、
どこも、買った店でないと修理はできないとのこと。

うーむ、困った…うーん

が、ここで引き下がるわけにはいくめえ。顔
ダメもとで、靴修理の「ミスターユニット」にかけこみ、
「金具ひとつなので、お願い!!」
…っと頼み込み、
「できるかわかりませんよ」と戸惑う店員さんに
無理やり押し付け、帰ってきてしまった。

でもでも、やってくれたぜ、500円で!
ミスターユニット、やるじゃねーか!
感謝!

さて、残る問題は中のシミ。
お姉ちゃんが「こんなことなら、もっとキレイに使うんだった~~うわぁん
と、必死に磨き始めた。

白いスポンジの「激落ち君」でこすること20分。
「落ちた~~!!」の声にのぞいてみると、
新品とまではいかないけど、
ピカピカに輝くランドセルがキラキラ(オレンジ)

キレイになったランドセルに
お守りとトトロのキーホルダーをつけて、
お姉ちゃんと妹、2人の嬉しそうな顔は、
もっとピカピカだった。

お姉ちゃんの思いがたくさんつまったランドセルで、
来週からピカピカの1年生である。桜




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。